お知らせ一覧
HOME > お知らせ一覧
お知らせ一覧
資料請求・お問い合わせイベントカレンダーキャンパスライフ募集要項

スキルアップセミナー委託職業訓練

高崎産業技術専門校はこちら太田産業技術専門校はこちら
お知らせ一覧 ( 2016 )
球技大会(ボーリング)を開催しました
2016年12月27日

前橋産技専では、平成28年12月21日(水)にレインボーワールド前橋で今年度第2回となる球技大会(ボーリング)を実施しました。

当日は準備運動(ラジオ体操第一)、副校長による始球式から始まり、会場のレーンを28レーン使い、各学生は2ゲームの平均スコアにより個人、クラスの優勝を競いました。

生産技術科、電気技術科、CAD技術科、そしてテクニカル金属科の学生は、事前に練習したり、体育の時間に投球フォームを練習したりと準備をして臨み、白熱した試合が繰り広げられました。

20161221_102準備運動は欠かせません

20161221_201副校長による始球式

20161221_001 20161221_002 20161221_003大会風景

20161221_301 20161221_302大会風景

なお、成績は、以下のとおりでした。

【個人戦】

同スコアにより、優勝が2名となりました。

優勝:小林大祐(生産技術科2年)、奥泉穂乃香(CAD技術科2年) 平均スコア155

3位:市川將太(電気技術科1年) 平均スコア148.5

20161221_kojin01-03小林(左)、奥泉(中)、市川(右)

【クラス対抗】

CAD技術科2年は、2年連続のクラス優勝でした。

優勝:CAD技術科2年

20161221_class1st

準優勝:電気技術科2年

20161221_class2nd

3位:生産技術科1年

20161221_class3rd




前橋産技専の学生16名が表彰されました
2016年11月29日

前橋産技専では、平成28年11月25日(金)に前橋市の群馬会館大ホールにおいて開催された「平成28年度群馬県職業能力開発促進大会」で16名の学生が表彰されました。

表彰は、国家検定である技能検定(群馬県技能競技大会)で特に優秀だった受検者が金、銀、銅賞として受賞するものです。

前橋産技専では、2等級(2級、3級)、4職種・作業(機械検査、普通旋盤作業、機械製図CAD作業、テクニカルイラストレーション作業)で16名が受賞しました。

161125_003受賞者(生産技術科) 161125_004受賞者(CAD技術科2年)

161125_005受賞者(CAD技術科1年)

また、この大会では、今年8月に開催された「第11回若年者ものづくり競技大会」のフライス盤職種で銀賞(全国2位)となった生産技術科2年の萩原昇太郎君も受賞者としてステージ上で紹介されました。

161125_001ステージ上で紹介された萩原君(右) 161125_002会場入口で記念撮影




JIMTOF2016へ行ってきました
2016年11月29日

前橋産技専の生産技術科とCAD技術科では、平成28年11月17日(木)に東京ビックサイトで開催されたJIMTOF2016(第28回日本国際工作機械見本市 )へ研修旅行として見学に行ってきました。

161117_001 161117_002

この見本市では国内外の工作機械や関連する機器などが展示されており、ものづくり技術・技能を学んでいる学生にとって、教科書にはない最新の機械や技術、大型の機械、ものづくりに関連する機器などを目の当たりにすることができた新鮮な機会となりました。




KYT(危険予知訓練)を推進しています
2016年11月16日

前橋産技専では、実習内にKYT(危険予知訓練)を実施し、学生が企業へ就職してからこの取組み(訓練)が役立つよう推進しています。

20161115kyt001KYTの進め方を講義する金指指導員

KYTを実践することにより学生が、

  1. 安全を確認するための手法
  2. 危険情報を潜在意識にたたき込む
  3. 危険のポイントと行動目標を指差し呼称

を身につけ、作業に対して安全を確認して行動することができます。

また、KYTを通じて学生が、

  1. 感受性を鋭くする
  2. 集中力を高める
  3. 問題解決能力を向上させる
  4. 実践への意欲を強める
  5. 安全先取り環境(職場)風土づくり

をチームワークで高めることができます。

20161115kyt002 20161115kyt003チームミーティングの様子

20161115kyt004悩みながらもミーティングをする学生

(参考)KYT(危険予知訓練)とは
職場や作業の状況の中にひそむ危険要因とそれが引き起こす現象を、職場や作業の状況を描いたイラストシートを使って、また、現場で実際に作業をさせたり、作業してみせたりしながら、小集団で話し合い、考え合い、分かり合って、危険のポイントや重点実施項目を指差唱和・指差呼称で確認して、行動する前に解決する訓練です。危険予知訓練は、危険(キケン、Kiken)のK、予知(ヨチ、Yochi)のY、トレーニング(トレーニング、Training)のTをとって、KYTといいます。(出典:中央労働災害防止協会)

中央労働災害防止協会(外部リンク)




東京スカイツリー(TOKYO SKY TREE)へ行ってきました
2016年11月16日

前橋産技専のテクニカル金属科では平成28年11月11日(金)、東京スカイツリーに研修旅行へ行ってきました。

20161111st001世界一の電波塔 img_1070

テクニカル金属科の学生は、毎日学んでいる溶接技術や板金技術などの技術が集められた世界一の電波塔の構造、溶接部などを含めて見学してきました。

20161111st005天空回廊

20161111st004 20161111st003 世界一の電波塔の溶接部

東京スカイツリーでは「Dream Christmas 2016」が開催されており、クリスマスムード一色の様子でした。

20161111tst006クリスマスムードの展望台

当日はあいにくの天気で見晴らしのよい世界一の眺めをみることができませんでしたが、東京スカイツリーの展望台で学生は、日本一だけでなく世界一の溶接技術者になると誓ったとのことでした。

20161111tst007展望台で世界一の技術者になると誓った学生と担当指導員




球技大会(ソフトバレーボール)を開催しました。
2016年10月28日

前橋産技専では、平成28年10月25日に本校体育館で球技大会(ソフトバレーボール)を実施しました。

各クラス4~6名でチームを編成し、21チームで予選リーグ(4リーグ)を行い、各リーグ1位と2位が進出する決勝トーナメント(8チーム)により優勝を競いました。

生産技術科、電気技術科、CAD技術科、そしてテクニカル金属科の各クラスでは、体育の時間や放課後に練習を重ねて大会に臨み、学生たちの必死にボールを追いかける姿やスパイク・ブロックなど、白熱した試合が繰り広げられました。

01_junbi準備運動

02_kyougi01 02_kyougi02大会風景

成績は、以下のとおりです。

【チーム対抗】

優勝:チーム佐藤(生産技術科1年)

03_1st-team

【クラス対抗】

優勝:電気技術科2年

03_1st-class




校内安全標語大会(交通安全部門)の表彰を行いました。
2016年10月28日

前橋産技専では、平成28年10月25日に交通安全に関する標語の優秀作品の表彰を行いました。

この標語は、校内の学生が交通安全と交通事故防止を考えて全員が作成したものです。

校内での選考の結果、優秀作品は以下のとおりとなりました。

金賞「行けそうだ 心のあせりに ブレーキを」 藤田友郎君(電気技術科2年)

1st

 

銀賞「見直そう 脇見、スピード 車間距離」 吉田佑君(生産技術科1年)

2nd

 

銅賞「対向車 譲る気持ちは 己から」 萩原昇太郎君(生産技術科2年)

3rd01

 

銅賞「再確認 一つの手間で 事故防止」 髙橋洸樹君(電気技術科1年)

3rd02




9月3日に体験型オープンキャンパスを実施しました。
2016年9月6日

第4回のオープンキャンパスを実施しました。女性の参加者や保護者を含め60名の方にお越しいただきました。

【参加者の感想】金属を溶かすのが安全にできてとても楽しかったのでテクニカル金属科に入りたいと思った、ユーモアな指導員に丁寧に教えてもらいわかりやすく楽しく作業体験ができた、楽しみながらできるのですごくいいと思った(その中でも資格がたくさん取れるので魅力的だと思った)、どのような授業をするのかもっと知りたい!、実際に体験ができ指導員もおもしろくて楽しかった、この学校に決めているのですごく参考になった、CADは少し難しかったけれど勉強になった、とても楽しく体験でき電気技術科にとても興味を持った、設備が充実していて溶接に非常に興味を持った、CAD技術科の設計図やテクニカル金属科の溶接をやってみて楽しくすごく興味がわいた、CAD技術科で3D設計の細かいやり方やテクニカル金属科の溶接での体験をしてとても勉強になった、生産技術科とテクニカル金属科を体験してこの学校に入りたいと思った など

【保護者の感想】施設の教室・作業場(機械設備)が新しく・広くてよかった、少人数対応型での細やかな授業をしている様子と就職に向けてのサポート力が大きいことを感じた、親切に説明していただけた、実践力・人を育てるという点で素晴らしいと感じた、指導員の意気込みに圧倒され指導員が輝いて見えた(自分自身が学びたいと思うほどだった)、設備が充実していて驚いた、指導員の丁寧な説明で産技専の魅力がとてもわかった、親としてはぜひ(子どもに)入校してもらいたい学校だった、指導員の説明などが親身になって話してくれて素人の私でもわかりやすかった、子どもがこの学校で学んで資格など取得できれば就職の幅が広がると思う、ぜひこの学校で学ばせたいと思った、子どもが受けたいと言ったら受けさせたい など

前橋産技専では、『毎日が「オープンキャンパス」』&『出前ガイダンス』を実施しています。前橋産技専に興味のある方、高等学校の先生は下のボタンをクリックして、前橋産技専までご連絡ください。

オープンキャンパス

H2804_01gaiyou前橋産技専の概要説明の様子

H2804_02seisan生産技術科の体験風景 H2804_03denki電気技術科の体験風景

H2804_04CADCAD技術科の体験風景 H2804_05techテクニカル金属科の体験風景

H2804_06hogosya保護者向けの見学会を実施しました




前橋産技専の学生が銀賞を獲得!
2016年8月23日

生産技術科の学生がフライス盤職種で「銀賞」を獲得しました!

平成28年8月5日から6日に栃木県の栃木県立県央産業技術専門校で開催された「第11回若年者ものづくり競技大会」に前橋産技専の生産技術科2年の学生(萩原昇太郎 君)が群馬県代表選手として出場し、みごと銀賞を獲得しました。

この大会は、北は北海道、南は沖縄県の全国各地からものづくり職種を学ぶ産技専、工業高等学校等の学生が各都道府県の代表選手として参加し、日ごろの実習・訓練で鍛えた技術・技能を各職種で競うものです。

jakunen_01競技会場前での萩原君

萩原君が出場したフライス盤職種では31名の選手がエントリーし、各選手のフライス盤による機械加工作業での熱い戦いが繰り広げられました。

jakunen_02競技中の様子

今回の大会に引率した中道指導員によると、萩原君は競技会場でも普段の訓練どおりリラックスした上で、100分の1ミリ(髪の毛の太さの約8分の1)の加工精度で機械加工作業を行っており、また、競技時間終了の10分前に競技作品を提出していたとのことでした。

若年者ものづくり競技大会Webサイト(外部リンク)




前橋産技専 平成28年度 4月~7月までのイベント活動状況について
2016年8月3日

 前橋産技専では、さまざまなイベント(行事)を実施しています。

入校希望、見学など、ご興味のある方は前橋産技専までご連絡ください!

電話番号027-230-2211

【4月】

4月8日 入校式

平成28年度は85名(生産技術科21名、電気技術科21名、CAD技術科21名、テクニカル金属科22名)が入校しました。

nyuukoushiki01校長告辞

nyuukoushiki02前橋産業技術専門校協助会長祝辞

4月22日 交通安全講話

学生の大半は車やバイクで登校しますが、免許を取得して間もない運転者です。そこで、入校して数週間たった頃に交通安全の啓発のため、交通安全講話を実施しました。

当日は、大渡自動車学校の飯塚和利検定課長にご講話いただき、交通事故防止に関する内容だけでなく、各学生の自己診断が実施されました。診断結果をもとに運転する際にどういったことに注意すべきか、学生は興味を持って話を聞いていました。

h28_koutsu講師による講話

校内個別企業ガイダンス開始

前橋産技専では、企業の社長や人事担当者が就職活動を控えた学生に対して企業の内容や求人の内容などを説明してくれます。7月までに14社の企業がガイダンスを実施しました。

h28_kigyougaidansu企業ガイダンス風景

【5月】

5月17日 レクリエーション大会(校内バーベキュー)

校内の学生どうしで親睦を深め、コミュニケーションを図る場として実施しました。前橋産技専の校内バーベキューは、ただのバーベキューとは違い、グルメを競うバーベキューを実施しています。今年で第2回となったグルメグランプリは、地元前橋(群馬)を盛り上げるため、1年生は小麦や強・薄力粉が原料の食材を用いた料理、2年生は地元野菜やこんにゃくを使った料理とし、学生が一人一票を投票してグランプリを決めます。

当日、準備段階では雨模様でしたが、食べ始める頃には雨もやみ、グランプリ決定時には学生の熱気で太陽も出てきました。

h28_bbq01地元野菜やこんにゃくを使用した料理

h28_bbq02学生が製作した「移動型PIZZA釜」でピザを焼いてみました

h28_bbq03第2回グルメグランプリ優勝 テクニカル金属科「テクニカルRA-MEN」

【6月】

6月2日 工場見学(テクニカル金属科)

テクニカル金属科の学生(22名)が利根郡みなかみ町にある株式会社アイチコーポレーション新治工場を見学しました。

この企業は、高所作業車、穴掘建柱車などの機械化車両で「作業環境創造」を実現している企業で、またテクニカル金属科の学生も就職している企業です。

当日は、ただ工場見学をするだけでなく、各学生は就職活動の一つと考え、真摯に社員の話を聞き、工場内を見学していました。

6月3日 施設見学(松井田高等学校)

群馬県立松井田高等学校2年生の生徒22名が前橋産技専の学校見学に来ました。

当日は、前橋産技専のプロモーションビデオでお出迎えし、当校の諸田校長からあいさつがありました。

その後、生徒は前橋産技専の生産技術科、電気技術科、CAD技術科、テクニカル金属科の実習風景・施設を見学しました。

6月8日 高等学校進路指導担当教諭説明会

県内高等学校の進路指導担当教諭10名が前橋産技専での説明会に参加しました。

当日は、前橋産技専のものづくり女子「moのjo」の紹介ビデオを上映した後、当校の諸田校長からあいさつがありました。

その後、進路指導担当教諭は前橋産技専の生産技術科、電気技術科、CAD技術科、テクニカル金属科の実習風景・施設を見学しました。

最後に、当校の特徴や入校状況、各学科のプレゼンテーションを行い、また、参加者との意見交換が行われ終了しました。

6月14日 前橋産業技術専門校ゼロ災安全決起大会

今年度を校の「安全発信元年」とし、初めての取組として、全国安全週間の準備期間に実施したものです。

当日は、群馬労働局前橋労働基準監督署寺村裕司署長から「安全第一とは何か」とご講義いただき、また、先に学生から募集した労働安全に関する標語作品の優秀者を表彰を行いました。

最後に、参加者全員で「ゼロ災でいこう ヨシ!」と安全スローガンを唱和しました。

イベント記事(リンク)

6月18日 オープンキャンパス(見学型)

第1回のオープンキャンパスを実施しました。女性の参加者や保護者を含め35名の方にお越しいただきました。

【参加者の感想】話を聞いて来る前より興味が持てた、想像以上に楽しそうで入校してみたいと思った、全体的にどのような勉強・実習をするのかよくわかった、技術の面で一から学べるところが安心した、ホームページやパンフレットだけではわからないことも見学してわかったのでとても参考になった など

【保護者の感想】学校の内容がわかりやすかった、とても設備が充実していて説明もわかりやすくとても満足した、親としてはぜひ入学させたい学校だと感じた、体験型に参加したいと思った など

h28_01_oc01各学科の担当指導員によるプレゼンテーション

h28_01_oc02生産技術科 h28_01_oc03電気技術科

h28_01_oc04CAD技術科 h28_01_oc05テクニカル金属科

h28_01_oc06保護者の施設見学も行いました

なお、9月3日(土)に体験型のオープンキャンパスを実施します。詳しい内容などをご覧になりたい方は、下のボタンをクリックしてください。

オープンキャンパス

【7月】

7月23日 オープンキャンパス(体験型)

第2回のオープンキャンパスを実施しました。保護者を含め65名の方にお越しいただきました。

【参加者の感想】CADや機械のことが学べてよかった、金属を磨く作業が楽しかった、丁寧に教えてくれたのでとてもわかりやすく楽しかった、金属についてもっと知りたくなった、各学科を体験してとても楽しかった、初めて溶接してみてとてもおもしろく楽しかった、とても興味がわき進学したいと思った、配線作業はとても楽しく体験できた、(体験内容が)実践的でわかりやすかった、ホームページやパンフレットではわからないことがわかり入校したい気持ちが高まった、(指導員が)とても優しい対応で楽しかった、体験がおもしろく指導員も優しくてとてもやりやすかった など

【保護者の感想】親切に説明や指導をしていただきとてもよかった、ぜひ子どもを入校させて学ばせたい、実際に設備などを目にすることでイメージが広がり参加してよかった、丁寧におしえていただき初心者も安心して学べるのではと思った、白井指導員のテンションが高くおもしろく授業が受けられそうだった、9月のオープンキャンパスでは違う学科も体験させたいと思った、工業系の資格がたくさん取得できそうで就職にも有利だと感じぜひ入校させたいと思った、生産技術科とCAD技術科を体験したが指導員の細やかでわかりやすい指導で初めてでも理解できた、少人数なので細かく指導していただけると思った、学ぶ環境が整っていると感じた など

当日は、上毛新聞社(グラフぐんま)の取材の方が来校しました。

生産技術科 02_oc_denki電気技術科

02_oc_cadCAD技術科 02_oc_techkinテクニカル金属科

なお、9月3日(土)に体験型のオープンキャンパスを実施します。詳しい内容などをご覧になりたい方は、下のボタンをクリックしてください。

オープンキャンパス

7月26日 サイバー犯罪防止対策講習

ほとんどの学生が持っているスマートフォン、使い方を誤ると犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

そこで、前橋産技専では学生(145名)に対して、インターネットの安全利用やサイバー犯罪に巻き込まれないよう、注意喚起・危機管理意識を高めるため、群馬県警のサイバー犯罪捜査指導官による講話を実施しました。

7月31日 オープンキャンパス(見学型)

第3回のオープンキャンパスを実施しました。女性の参加者や保護者を含め90名の方にお越しいただきました。

【参加者の感想】いろいろなことを知ることができてよかった、(難しそうなこともあったが)自分もやってみたいと思った、勉強内容が具体的でわかりやすかったのでぜひ入校してみたい、とてもわかりやすく説明してくれて理解しやすかった、内定も100%で決まると知ってびっくりした、資料にないところの説明がわかりやすかった、自分が入りたい学科以外のことをよく知ることができるいい機会だった、産技専に入りいろいろな資格をとりたい、基礎から学べるので安心だと思った、さまざまな資格が取れ就職にも強いところもよくわかった、(電気科に在籍しているが)電気技術科にとても興味を持ちもっと電気について勉強したいと思った、本格的な機械を使って実技が行えるところが非常によいと思った、生産技術科がとてもおもしろそうだったので入校したいと思った、就職がとても安定していてすごいと思った など

【保護者の感想】少人数制でよく教えていただけそうなところや明るい感じがとてもよかった、高度な技術を2年間に受けられ技術・設備もよく本人のやる気次第で安定した就職先を見つけられることはすばらしいと思った、各学科の説明・施設見学などとても充実していて参加できてよかった、資格をたくさん取れていいと思った、ほとんど未知の世界だったので「わくわく」して各学科の説明を聞いた、本格的な機械があり技術が身につくことを実際に見学できた、楽しく学べそうだった、指導員のわかりやすい説明がよかった など

03_0c_001前橋産技専の紹介ビデオ上映

03_oc_002中道指導員(生産技術科)によるプレゼンテーション

03_oc_003施設見学

なお、9月3日(土)に体験型のオープンキャンパスを実施します。詳しい内容などをご覧になりたい方は、下のボタンをクリックしてください。

オープンキャンパス

今後も、前橋産技専の情報を掲載していきますので、ぜひチェックを!