電気技術科
HOME学科案内 > 電気技術科|在校生・修了生インタビュー
学科案内
資料請求・お問い合わせイベントカレンダーキャンパスライフ募集要項

スキルアップセミナー委託職業訓練

高崎産業技術専門校はこちら太田産業技術専門校はこちら
電気技術科
  • 電気技術科の特長
  • 実習内容・資格・就職
  • 在校生・修了生インタビュー

在校生へのインタビュー
電気技術科 2年 静 貴也 さん 電気技術科 2年
静 貴也 さん --- 「難しくて厳しい実習を乗り越えたら
 自信へとつながりました。」


高校では機械科に在籍していたので、「NC旋盤」や「レーザー加工機」のような、ものづくりを支えている機械の構造や操作手順を学んでいました。では、なぜ前橋産業技術専門校の電気技術科に入りたいと考えたかというと、第一種電気工事士の資格取得を目標にしていると知って、とても興味を持ったからです。

電気技術科 2年 静 貴也 さん 産技専に入校する前は、「コンセント」とか
「ケーブル」くらいしか知らなかったのですが、現在では電柱にある変圧器や高圧用ケーブル等が少しずつわかるようになって、周りの視野が広くなったと感じています。
電気の仕事は、主に「発電」「送電」「配電」の3つに分かれていて、その中で私は発電所から街中へ電気を送る「送電」に強い関心を持っています。
学校で得た資格と、これから先の経験を活かして、「送電」に関わる仕事に携わりつつ、いつかは先にあげた3つの電気工事のどの分野でも安心して任せられる職人になりたいと思っています。
入校当初1年目は、初めての電気分野の実習で難しくて厳しいなーと感じていましたが、その実習を乗り越えたら自信へとつながりました。クラスもとても活気に溢れていて楽しい雰囲気です。
産技専への入校を考えている人へ。ぜひ自分の目標に向かって頑張ってください!
ページの先頭へ 修了生へのインタビュー
平成12年度修了生 株式会社関電工 中重 拓也 さん 平成12年度修了生
株式会社関電工

中重 拓也 さん --- 「技能五輪全国大会に出場出来た
 ことが一番の思い出です。」


修了後、就職した関電工で、今は地域医療の中核となる病院の新築工事に取り組んでいます。病院の仕事では、自分達のミスで人の命に係るかもしれない為、作業精度・工程の再チェックなど気を引き締めて取り組んでいます。自分が携わった現場が完成して、人々の役に立っているのを見たり、工場が稼働しているところを見ると、自分達がやっている仕事の重要性を感じます。今後は、東京タワーやスカイツリーなどの歴史に残るような建設に携わり自分の技能で役に立ちたいです。関電工では南極観測基地の電気空間の設営保守を行っており、自己の知見を広めたく参加してみたいです。
産技専では基本的な事を学びました。仕事をする上でなによりも基礎ができなければ仕事はできません。学生時代に築いた基礎は社会人になってからも常に係わっていると感じています。
そんな学生時代の一番の思い出は、先生方の指導により技能五輪全国大会に出場出来たことです。電気工事以外にも日本トップレベルの技能を見ることができ、より自分の腕を磨こうと思いました。
前橋産業技術は専門的なものづくり技術を学べる場所です。ここでは自分のやりたい事をより深く学べて、専門職として就職できるので良いところだと思います。
上司のコメント
株式会社関電工 山口 達也 さん当社は、電気・通信・空調・プラント・発変電所等の設備等の企画・設計・施工が主な業務内容となります。
産技専の学生は、専門知識を効率良く学んでいる為、入社後に即活躍する事を期待し採用しました。
中重さんは、後輩の面倒を見ながら積極的に仕事に取り組んでいます。
産技専で学ぶ皆さんには、仕事で必要な資格取得を目指して頑張っていただきたいです。専門知識の基礎をしっかり学べる時間を有意義に過ごしてください。
上司のコメント
ページの先頭へ