電気技術科
HOME学科案内 > 電気技術科|実習内容・資格・就職
学科案内
資料請求・お問い合わせイベントカレンダーキャンパスライフ募集要項

スキルアップセミナー委託職業訓練

高崎産業技術専門校はこちら太田産業技術専門校はこちら

電気技術科

実習内容

第二種電気工事士養成施設
第二種電気工事士養成施設 電気工事をするためには、電気工事士の資格が必要になります。1年次は、教室での学科と実習場での電気工事実習を行うことで、電気工事の技術を身につけます。そして、1年生の終わりに学科と実技の校内試験を行います。合格すれば、第二種電気工事士の資格が取得出来ます。
第一種電気工事士 2年生では、第二種電気工事士より上位の資格として、第一種電気工事士(工場やビルなどに電気工事を行うための資格)の国家資格を目指します。学科試験が10月にあり合格すれば、実技試験が12月に行われます。
第一種電気工事士
制御実習
制御実習 電気工事以外にも、電気の実習を行います。例えば、制御実習では、エレベータや自動販売機などに使われている制御回路を学びます。その他、配電盤の組み立てなど、幅広い電気の実習を行います。

■主なカリキュラム

学 科 実 技
  • 電気理論
  • 電気工事
  • 電気関係法規
  • 設計図・施工図
  • 測定法
  • 電気工事実習
  • シーケンス制御実習
  • 配電盤組立て実習
  • 電気系保全作業実習
  • CAD実習

ページの先頭へ

取得資格・目標資格

国家資格

第二種電気工事士(養成施設)

第一種電気工事士

工事担任者(DD第3種)

2級電気工事施工管理技士(学科)

消防設備士(第4類)

技能検定

  • 電気系保全作業3級

技能士補(電気工事)

技能講習

  • ガス溶接技能講習修了証
    • 群馬労働局登録教習機関第21号(登録有効期間:平成31年3月30日)

特別教育

  • 低圧電気取扱特別教育修了証
  • アーク溶接特別教育修了証

ページの先頭へ

主な就職先

(50音順)
ページの先頭へ